子供に習わせる習い事は?!私は、バドミントン編でした。

 

 

こんばんは、じゅんです。

 

私は小学4年生の時バドミントンと出会いました。

バドミントンのクラブチームに通っている友達が当時の私を誘ってくれ、一度見学してみようと思って参加してみました。

すると当時の私は、引っ越してきたということもあり友達が増えたらいいなと思い、バドミントンを始めることにしました。

 

いざ初めて見ると、思っていたよりハードで練習は毎回キツイものでした。

私は、体力がない方で飽き性であり、すぐ出来ないと弱気になってしまう子供でした。

今考えると、本当に情けない子供だったと思います。

試合になると負けるのが怖くて当日熱があると嘘をつき、欠席することも多々ありました。笑

 

そんな私でしたが、バドミントンを辞めるという選択肢はありませんでした。

なぜなら、シングルスは好きではなかったのですが、ダブルスは好きで、パートナーと協力して勝負することは、本当に楽しかったからです。

 

ダブルスはパートナーとの相性が大切で、私はいつもイライラしていたのを覚えています(笑)

しかし、その状況の中でどうすればうまくコミュニケーション取れるのか、どうすればパートナーをフォローすることができるのかと考えることが楽しかったです。

パートナーのミスで負けることもあるかもしれませんが、それを乗り越えて前に進むことに楽しみを覚えました。

 

そうする内に中学生になり、私の中学校ではバドミントンが同好会であり、正式な部活ではなく練習場所も体育館の中ではとても少しのスペースでしかできませんでした。

しかし、顧問の先生のおかげもあってか、バドミントン同好会はバドミントン部への正式部活へと認められることができ、毎日たくさんの練習に励むことができたのです。

 

毎日朝練からスタートし、放課後の練習を合わせて私の中学生はバドミントン一色でした。

 

そんな中、ある一人の顧問の先生がバドミントン部に赴任してきました。この出会いが今までのバドミントン生活を一変させたのです。

 

 

I hope your happiness..

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です