陣痛をスムーズに!安産効果の「ラズベリーリーフティー」とは?

 

みなさん、ラズベリーリーフティーはご存知ですか?

 

妊婦さんの間で人気の飲み物ですが最初は胎児に影響がないのか心配で飲み始めるのを拒む人も多いのではないでしょうか?

 

私は1歳の息子をもつ親です。

初産の為、妊娠8ヶ月か9ヶ月頃の頃から喉のつまりを感じ始めました。

 

検診で相談すると、やはり出産への不安や恐怖から喉のつまりが出ることがあると言われ漢方薬を処方してもらいました。

 

もちろん漢方薬なので苦く私は飲みにくかったです。

 

毎日2袋ぐらい飲んでいた為、赤ちゃんに影響はないかなと不安にもなりましたが、病院で処方された薬なので大丈夫と思い飲んでいました。

 

しかし、出来るならば飲みたくないのが1番でした。

 

そんな中、ママ友とのランチで出産に対しての恐怖や喉のつまりについて相談すると、その先輩ママにある飲み物を紹介されました。

 

それが、ラズベリーリーフティーです。

 

どんな効果があるのか、世界中のお母さんの悩みを解決するラズベリーリーフティーについて紹介したいと思います!

 

 

 

ラズベリーリーフティーとは?

ラズベリーリーフティーは、バラ科の「ヨーロッパキイチゴ」の葉を乾燥させたものです。

 

スイーツに使われているラズベリーを想像すると酸っぱい味かと思いますが、あっさりしていてほうじ茶や緑茶に近い飲みやすい味です。

 

もちろんノンカフェインですので妊娠後期や授乳中も安心して飲むことができます。

 

陣痛の痛みを和らげ子宮の収縮をサポートする役割があるそうです。

 

 

効果

① リラックス効果?!

 

さっそく私は1日一杯程度を目安に飲み始めました。

 

味は飲みやすく、漢方薬を飲むより断然美味しく飲めました。

 

すると効果は現れ、リラックスな気分になり、喉のつまりも収まり出産に対して前向きになれた様な気がします。

 

その頃から、体を動かす事を極力避け続けていましたが、家の中でストレッチをしたり、階段の上り下りをし、そして旦那の仕事が休みの日にはウォーキングをしたり、リラックスしながらストレスのかからないぐらいで体を動かす事が出来ました。

 

そして、予定日より5日早く陣痛が来ました。

 

それまで毎日ラズベリーリーフティーを飲み体を動かしていたおかげか、8時間の安産で無事産む事が出来ました。

 

 

② 母乳にも効果絶大!!

 

そして、ラズベリーリーフティーにはもう一つ素敵な作用があります。

 

それは、個人差はありますが母乳が出やすくなるそうです。

 

金銭的にも母乳育児が希望だったので、産後もラズベリーリーフティーを飲み続けました。

 

そのおかげか、母乳が出やすく、ほぼ粉ミルクに頼らず母乳で育てる事が出来ました。

 

 

 

誰かに相談することが大切。

 

 

やはり人と話したり同じ辛さを共感し合うと心も落ち着きました。

 

その時は喉のつまりもなくなり、やはり精神的なものなんだと改めて思いました。

 

そのマタニティー友達の中に2人目を妊娠されている方も居て、みんなその先輩ママに色々と自分が気になっていることや不安な事を質問していきました。

 

初産で不安な事や心配事はあるとは思いますがやはり出産、育児を経験された母親や友人にアドバイスをもらう事は本当に大切な事だと思いました。

 

1人で抱え込むときっと自分にも赤ちゃんにも良くないと思うので、なるべく頼れる人を見つけ相談する事をお勧めします。

 

 

楽しいマタニティライフを送ってくださいね♡

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です