母乳が出ない?!そんな原因は食生活にあった。それは「1日3食食べること」

 

母乳が出ずに悩んでいる方は食事を見直してみましょう。

 

母乳は血液からできていて、血液は食べたものをもとに作られています。

 

そのため、母乳を出すためにはしっかりと食事をして栄養を補給する必要があるのです。

 

大切なことは1日3食を規則正しく食べることです。

 

母乳の出がよくなる、母乳の出が悪くなるといわれる食べものがありますが、まずは食事のバランスを正してしっかりと食べましょう。

 

 

 

1日3食の食事では、毎回タンパク質を摂取しましょう。

 

朝はパンだけ、シリアルだけといった簡単な食事になりがちですが、このような食事ではタンパク質が不足します。

 

タンパク質は血液の成分である赤血球を作ったり体を構成する成分で、不足をすると貧血になることがあります。

 

朝ごはんがパンなら、目玉焼きをプラスする、ご飯なら納豆をプラスするなどするとタンパク質摂取量を増やせます。

 

納豆はタンパク質補給におすすめの食品です。

 

大豆は畑の肉といわれていてタンパク質を豊富に含んでいます。

 

納豆は調理要らずで食べられるので、忙しいお母さんにおすすめの食品です。

 

体を冷やさない食事を心がけましょう。

体が冷えると血流が悪くなり母乳にも影響がでるので、体を冷やさない食事を心がけましょう。

 

アイスや冷蔵庫から出したばかりの飲み物など冷たい食品は体を冷やすので、こういったものは控えるようにしましょう。

 

飲み物を飲むなら白湯やハーブティーなど温かいものがおすすめです。

 

妊娠・授乳中に控えた方がよいハーブティーもありますが、たんぽぽ茶やルイボスティーは妊娠・授乳中でも飲むことができます。

 

食べものには体を温める性質のものと、体を冷やす性質のものがあります。

 

体を温める食品は、色が黒いもの、冬が旬のもの、寒い地域で採れたもので、体を冷やす性質の食品は、色が白いもの、夏が旬のもの、温かい地域で採れたものです。

 

体を温めるために、人参やゴボウなどの根菜を食べることがおすすめです。

 

味噌には体を温める性質があるので、お味噌汁にすると体が芯から温まることでしょう。逆に、トマトやキュウリなどは体を冷やすのでできるだけ控えましょう。

 

授乳中は慣れない赤ちゃんの世話で忙しく、食事がおろそかになっていませんか?

 

赤ちゃんの食事や世話も大切ですが、お母さんの健康のことも考えてください。

 

お母さんが健康になることは、赤ちゃんの健康を守ることにもなります。

 

お母さんが不健康では赤ちゃんの世話をしっかりとできないし、質がよい母乳を出すことができないからです。

 

母子ともに健康で楽しい毎日を送ってくださいね♡

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です