子供の成長は親の成長、親も一緒に子供と成長するのが大切です。

 

子供を産んで母親になった時に、その可愛さで自分の子供が一番可愛く見えました。

 

 

この感覚は、親なら誰でも同じで我が子が一番可愛いものです。

 

そのため、赤ちゃんの頃から他の同年代の赤ちゃんとすぐに比較してしまい、はいはいが遅かったらうちの子だけなんでだろうとか立ち上がるのが遅いとか、成長過程で他の子供と比較しすぎて過剰に気にしてしまい、うちの子だけが何で出来ないだろうとか自分の育て方が間違っているんだろうとか、悩んでしまいます。

 

しかし、子供の成長過程は一人ひとり全員違います。

 

早く成長する子もいれば、成長が遅い子もいます。

 

それを過剰に気にしても仕方がない事ですし、後になって振り返れば何であの時にそんなに気にしていたんだろうと笑い話になります。

 

子供を2人持って、分かった事は2人子供はまるで成長過程が違いました。

 

それは、その子の個性であり気にする事ではない事が大きくなって分かりました。

 

うちの子はとか何で出来ないんだろうと意識し過ぎてしまうと、子供に厳しくなり過ぎてしまったり、叱ってしまったりしてしまう事があります。

 

そういう親の行動は、子供が伸びようとしている芽を摘んでしまう事もあります。

 

私自身も最初の子供の時に、他の子供と比較して何か出来ない事があるとすぐにムキになって子供が出来るようになるまで必死に練習させたりしました。

 

しかし、子供にはそれぞれが向き不向きもあり、みんなが向いているわけではありません。

 

親は、子供のために必死になって教えていたりしますが、実は子供には負担なだけの事も多くあります。

 

私自身上の子供の時には、子育てに力が入り過ぎて他の子がやっている事はうちの子にも学ばせたいと思いいろいろな習い事もせたりしました。

 

しかし、子供が大きくなって本当は嫌だったと告白されて、自分がどれだけ子供にいろいろな事を強要させてしまったんだろうと言う事に気付きました。

 

子育ては、親が子供を育てるのではなく子供が親を育てて親にしてくれるものだと思います。

 

うちの子がとか思い肩に力をいれた子育てではなく、親と子が一緒に楽しみながら育っていく事が一番だと思います。

 

子供の姿は親の鏡だと思います。

 

子供がもし、卑屈になっているのなら、それは親がどこか卑屈になっており、その影響だと思います。

 

子育てをしながら親も一人前の親として成長していくものだという事を分かっていれば、子供を伸びやかに育てる事が出来るはずです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です