子供の好き嫌い、どうやったら食べてくれるようになる?コツは・・

スポンサーリンク

離乳食が始まって、好き嫌いなく、何でも食べてくれると嬉しいのですが、好き嫌いが出てきてしまうお子さんもいます。

ママは色々工夫して、食べてもらえるように、頑張りますが、子供も頑張るんですよね。

実のところ、我が子もそうでした。

全く好き嫌いがなかったはずなのに、ある時、突然、ピーマンとニンジンがダメになりました。

これなら食べるだろうと思って、ハンバーグに細かく刻んで混ぜたのも、小さな手でより分けているのを木部記した時は、私の額には「怒」の文字が浮かびました。

私は真剣に子育てをしています。

手を上げたことこそありませんが、声を荒げたこともあります。

でも、ご自分が子供だった頃のことを思い出してみてください。

お母様からあれをしなさい、これをしなさいと言われると、もっとしたくなくなったことはありませんか?


 

ある時、私は、小さな子供であっても、同じような感情があるのではないかと思いました。

1口だけでいいからもダメ、飛行機でお口まで運ぶのもダメなら、怒るのはもちろん、食べなさい!と言うのを止めてみましょう。

もちろん、食べてくれるように工夫もしますし、お皿にものせ、食べてみたらと勧めもします。

でも、それだけです。

ごちゃごちゃ言いません。

お皿からそれをポイしたら、注意します。

大人のパパとママも、大げさに美味しいなどとは言わず、普通に、でも、子供に見せながら食べます。

そうこうしているうちに、お腹がとてもすいている時などに、パクッと言ってくれます。

パクッと言った時も、お子さんの性格にもよりますが、気づかないふりをしてあげることも大切です。


食事は栄養を取るためだけにあるものではありません。

楽しむためにあります。

好き嫌いがあることが良いことだとは思いませんが、嫌いなものを食べなさいと言われ続ける食卓というのも、辛いのではないかと思います。

そのようなことをして、食事はつらいもの、楽しくないものと思って欲しくありません。

取りあえずは、他のもので栄養を補って、食事の時間を楽しみにできる家庭を築きましょう。

ちなみに、我が子のピーマンとニンジン嫌い、小学校に入ってから卒業しました。

親が好き嫌いがなく、食卓にその食材を上げ続けていれば、時が来れば食べるようになります。

お子さんの好き嫌いでお悩みの方、そんなに悩まなくても大丈夫です。

時が来たら寝返りをし、立ち上がったように、時が来れば食べられるようになります。

怒ることで使う体力を他のことのために使いましょう。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です