お子さんをバイリンガルにしたいなら、まずは母語から!習い事をさせる前にするべきこと

お子さんをバイリンガルに育てたいとお考えのご父兄の方、たくさんいらっしゃいます。

 

でも、バイリンガルと一言で言いますが、バイリンガルには様々なレベルがあることをご存知ですか?

 

バイリンガル教育を施して、それに失敗した場合、第一言語でも、第二言語でも、高度な内容の話ができるだけの言語能力が身に付かない場合があります。

 

だから、学習言語を母語としない国でお住まいで、ご両親ともにその言語以外の言語が母語であるのなら、まずはお子さんの母語をきちんと固めてあげましょう。

 

とある英語教室のネイティブの先生の方が、このようなことをおっしゃっていました。

『日本のママさんはとても不思議。母語である日本語で赤という色が何を指すか知らない子供に、英語でredと教えようとしている。そして、子供よりもママさんの方が熱心に授業を受けていて、子供が意味を分からずredと言うのを喜んでいる。何ともおかしな風景だ』

 

それで収入を得ている人が言う発言ではないかもしれないですが、一理ある考え方だと思います。

確かに、子供の能力は素晴らしく、ある一定の年齢以下の子供であれば、ネイティブの先生の発音をコピーすることが可能です。

 

日本人が難しいとされるRとLの発音も綺麗にし、聞き分けることも可能になるでしょう。

 

ただし、その状態を日本にいながら維持するには、お金も時間もかなりかける必要があります。

 

周囲のお友達に影響されて、ピアノも、リトミックも、水泳も、体操教室もという具合に、たくさん習い事をしながら、その学習効果を維持し続けるのはなかなか大変なことかと思います。

外国語学習という観点から考えると、目標言語を話したいと本人が強く思うようになれば、いつからでもネイティブと同じレベルで話せるようになります。

 

発音などに母語の影響が残ることはあるかもしれませんが、それは母語話者でない以上、致し方のないことです。

 

それすらも本人が望めば、ある程度の修正は大人になってからでも可能です。

 

実際、世界のトップの方の英語を聞いても、癖のある英語と話される方はたくさんいます。

 

綺麗な発音にしようとする努力は必要ですが、ネイティブと同じになる必要はないのです。

実のところ、私も以前はここまで母語の習得を重視すべきだとは思っていませんでした。

 

でも、日本人のご両親のお子さんで英語しか話せないお子さんと会った時、その考えは変わりました。

 

英語で少しお話をしましたが、明らかに同年代のネイティブのお子さんようではありませんでした。

 

一緒にいたネイティブの人が、後で、どうして日本語を教えなかったの?と言ったくらいだったので、余程の事だったと思います。

 

胸がきゅーっとなりました。

 

お子さんには、ぜひ絵本をたくさん読んで、たくさんおしゃべりをしましょう。

 

色々な考え方があるかと思いますが、外国語学習は大きくなってからで十分です。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です